-iroha caruta- KOTOWAZA BOOK -iroha caruta- KOTOWAZA BOOK -iroha caruta- KOTOWAZA BOOK

scrolldown
start
より
団子
道連

ことわざクとは

小・中学生、外国人をターゲットに、 日本に昔から言い伝えられてきた「風刺・教訓・知識」を表現したことわざを 『いろはかるた』を用いて、紹介しています。

ことわざとは、 日本での「風刺・教訓・知識」を 理解しやすい物や性質に面白みのある言葉を用いながら 例え、真実を鋭く言い当てる短い句です。

特徴として、 内容が簡潔で覚えやすく、 何か物事に対する説明や主張する時に説得力を持たせる 手段として用いられることが多いです。

しかし、時代が進むにつれ、ことわざを耳にする機会が少なくなってきたため、 「ことわざを後世に語り継ぎたい」、また、日本になじみのない方にも 「日本文化の一つである『ことわざ』の魅力を広く知ってもらいたい」という願いを込めています。

『いろはかるた』も用いながら楽しく学びましょう!

About "KOTOWAZA-BOOK"

"KOTOWAZA-BOOK" is created to introduce Japanese proverbs to kids and people from all over the world using Iroha Karuta.

Japanese proverb, KOTOWAZA, teaches important lessons that were passed on through generations with simple and sometimes funny words.
It is a series of short verses, and it hits the truth in life.

Kotowaza is known to be very simple in sucture to demonstrate its valuable meaning.
Therefore, it was widely used as the means to make the impact last to the intended person.

However, as time goes by, the chance for people to use and hear Kotowaza becomes less and less.
We made this "KOTOWAZA-BOOK" to hand down this wonderful cultre not just to Japanese people but
every generation of people from all over the world.

Let's play iroha karuta!


「いろはかるた
なに?

かるたとは、文字札(読み手用)・絵札(取り手用)の二種のカードを使った主に正月に遊ぶ室内遊具で、子供が文字を覚えるための遊びでもあります。

普通のかるたでは、内容は子供向けが多く「あいうえお四十六枚」の札で一音につき一セットになって用意されています。

かなの配列順は「いろは順」として中世~近世の辞書類等に広く利用されてきました。

また「いろは」は旧仮名使いで、一九四五年以降に「新仮名使い」に切り替わってからは一般的に使用されなくなりましたが、ことわざを用いた室内遊具「いろはかるた」として、現在も語り継がれています。

What is iroha karuta?

Karuta play using two kinds of the character tag for readers and picture card for receivers. This is indoor playground equipment playing to new year and many children play to remember the character in Japan.

Basic karuta is the Japanese vowels,A,I,U,E, and O. But iroha karuta is collected proverbs of fitting in the first letter of iroha. History of iroha karuta is old.

That was born the time of Edo middle term in Kyoto and spreaded various places. Different iroha karuta has been inherited by proverb of Edo, Osaka, and Kyoto.


「いろはうたについて

いろは歌とは、すべての仮名を一文字ずつ使って意味のある内容にしたて、文字を勉強しやすいようにした「手習い歌」の代表です。

(i)(ro)(ha)(ni)(ho)(he)(to) (chi)(ri)(nu)(ru)(wo)
(wa)(ka)(yo)(ta)(re)(so)  (tsu)(ne)(na)(ra)(mu)
(u)(i)(no)(o)(ku)(ya)(ma) (ke)(fu)(ko)(e)(te)
(a)(sa)(ki)(yu)(me)(mi)(shi) (e)(hi)(mo)(se)(su)(n)

(意訳)
花は咲き誇っていても、やがて必ず散ってしまうようにどんな幸せも色褪せてしまう。
一体この世で永遠に生き続けることができる人がいるのだろうか。
いや、必ず全てと別れて一人で死んでいかねばならない。
幸福も不幸も、これらはすべて実体のない幻想にすぎない。
苦しみの人生を今日、越えた私の幸せは
悟りの世界に至れば、もはや儚い夢を見ることなく、
現象の仮相の世界に酔いしれることもない安らかな心境である。

What is the Iroha Uta?

Karuta is an indoor plaything mainly playing cards at the New Year, and it is also a game for children to memorize letters.
Kana arrangement order has been widely used as "Iroha order" for medieval - modern dictionaries and the like.
Moreover, "Iroha" is the old pseudonym, and since it was switched to "new pseudonym" after 1945, it was not generally used
It is now handed down as indoor playground equipment "Iroha Karuta" using proverbs.

index

  
(i)
  

  
(ro)
  

  
(ha)
  

  
(ni)
  

  
(ho)
  

  
(he)
  

  
(to)
  

 
(chi)
  

  
(ri)
  

  
(nu)
  

  
(ru)
  

  
(wo)
  

  
(wa)
  

  
(ka)
  

  
(yo)
  

  
(ta)
  

  
(re)
  

  
(so)
  

  
(tsu)
  

  
(ne)
  

  
(na)
  

  
(ra)
  

  
(mu)
  

  
(u)
  

  
(i)
  

  
(no)
  

  
(o)
  

  
(ku)
  

  
(ya)
  

  
(ma)
  

  
(ke)
  

  
(fu)
  

  
(ko)
  

  
(e)
  

  
(te)
  

  
(a)
  

  
(sa)
  

  
(ki)
  

  
(yu)
  

  
(me)
  

  
(mi)
  

  
(shi)
  

  
(e)
  

  
(hi)
  

  
(mo)
  

  
(se)
  

  
(su)
  

  
(n)